MT4業者の人気ランキング

  • OANDA Japan

    スプレッドが業界最狭水準で71種類もの通貨ペアに対応

    OANDA Japanは世界中で展開しているグローバルなOANDAグループの会社です!「約定拒否なし」「再クオートなし」という玄人が喜ぶサービスを提供している数少ないMT4業者です。

    取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
    無料 指定なし 25倍 1000通貨 71種類
    預入通貨 入出金方法 信託保全 両建て スプレッド
    日本円 銀行振込 完全対応 可能 原則固定
    資本金 自己資本規制比率
    4億9907万2270円 498.0%(2016年3月末)
  • FXトレード・フィナンシャル MT4

    MT4 468x60

    国内では珍しく原則固定スプレッドが魅力的なMT4業者

    国内でシステムトレードといったらまず最初に浮かぶFXトレード・フィナンシャルのMT4口座!最大の特徴は原則固定スプレッドを採用している点でドル円で0.3銭(原則固定。例外あり)、ユーロドルで0.8pips(原則固定。例外あり)となっています。もしどこで口座開設をするか迷ったらとりあえずココが安心!

    取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
    無料 指定なし 25倍 1000通貨 31種類
    預入通貨 入出金方法 信託保全 両建て スプレッド
    日本円 銀行振込 完全対応 可能 原則固定
    資本金 自己資本規制比率
    3億円5000万円 345.6%(2016年3月末)
  • フォレックス・ドットコム

    フォレックス・ドットコムのバナー

    50種類もの通貨ペアから選べて1000通貨対応!

    世界展開をしているゲインキャピタル・ホールディングスが運営するフォレックス・ドットコムのMT4は3年連続顧客満足度No.1を獲得!1000通貨単位の取引に対応し、50種類もの通貨ペアから自由に選ぶことが出来ることから上級者にオススメのMT4業者となっています。

    取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
    無料 5万円 25倍 1000通貨 50種類
    預入通貨 入出金方法 信託保全 両建て スプレッド
    日本円 銀行振込 完全対応 可能 -
    資本金 自己資本規制比率
    6億8500万円 687.4%(2016年3月)
  • みんなのシストレ

    トレイダーズ証券が運営のメタトレーダー口座

    みんなのFXやみんなのバイナリーを提供するトレイダーズ証券が提供しているみんなのシストレ!ここではメタトレーダーに限らず、ランキング形式で人気トレーダーの取引をコピーすることが出来るシステムトレードを無料で使うことが可能となっています!

    取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
    無料 指定なし 25倍 1000通貨 18種類
    預入通貨 入出金方法 信託保全 両建て スプレッド
    日本円 銀行振込 完全対応 可能 -
    資本金 自己資本規制比率
    21億9500万円 223.2%(2016年3月末)

理想のFX取引が実現できる最強のツール

近年、FXをする上で、絶対に外せないと言っても過言ではないのがメタトレーダーです。 これは世界中で利用しているトレーダーがいるように、プロでなくともプロ並の取引を可能にしてくれることで人気を博しています。 そのメリットは、まず自分でプログラムを作って、そのプログラムでの自動売買ができるということにあります。 比較的自由度が高いので、自分の理想の取引が実現できるのが特徴です。

もちろん、プログラムに指定された以上のことはしませんし、コンピューターであるため感情的になってしまうこともありません。 つまり、精神的に不安定な人間よりも安定した取引が可能となるのです。 お金という枷をはめられた人間は欲望と恐怖の間で、度々冷静さを失います。 このパニック状態がミスを引き起こすのであって、そういった感情に支配されないロボットであれば、いつも通りにの取引をすることができます。

そして、初心者のトレーダーでも、このツールを使えば、何にもしなくてもコンピュータが勝手に相場を分析して取引してくれるので、下手に自分で取引するよりは上手に利益を上げることができるかもしれません。 もちろん、プログラムを組むための経験は必要ですし、コンピューターの弱点である不足の事態に備えて、ニュースをチェックすることも重要ですが、トレードが非常に楽になることは間違いないと思います。 メタトレーダーは動作も軽いので、自宅のPCでも問題ありませんからオススメです。

FXでお小遣い稼ぎ

FXは株や他の投資よりも、最初の投資金額のハードルが低く、誰でも気軽に始めやすい投資法ですね。FXの場合、まず、FX業者を選ぶことから始めますが、FX業者選びで大切なことは、信頼できて、安心して取引ができることです。その次に、トレード方法を決め、その方法に有利な会社を選びだします。その他にも、自分でしっかりチャートなどの勉強をして、分析ができるようにしたほうがいいですね。

私の場合は2つの方法でFXのトレードをしています。1つ目はスワップで稼ぐ方法です。この方法はとても簡単で、特に投資資金の豊富な人にはお勧めです。自分の所有したい通貨の相場が下がったところで、その通貨を買い、中期や長期間保有することで、金利が貰えて利益になるのです。もう1つは、値動きの激しい通貨でのデイトレです。この方法は、ある程度、チャート分析も必要となってきますので、デイトレをしたい人はチャート分析の勉強はかかせないですね。

FXは100円からトレードできるFX業者もあるので、とりあえず練習も兼ねてトレードしてみるといいと思います。本で読んだりするよりも、実際にトレードしてみる方が簡単に理解できると思います。私はこの2つの方法で月に10万ぐらいのお小遣いを稼いでいますよ。始めは投資資金も少なめでスタートしたので、月に2、3万ぐらいでしたが、スワップを貰う取引に重点を置き、投資資金を増やしていったので、順調にいっています。デイトレのほうはどちらかと言うと、まだまだ練習中といった感じでゆっくり気長にやっていくつもりです。

トレードする時間と最適な通貨ペア

FX取引でデイトレードをしていると、時間によって通貨ペアの動きに特徴があるのに気づきます。 早朝から午後3時までの東京市場は、オセアニア通貨のニュージーランドドルやオーストラリアドルや円のレートが動きやすく、午後3時から夜9時まではヨーロッパ通貨のポンドやユーロのレートが動き、夜9時から深夜1時までは、すべての通貨のレートが大きく動く傾向があります。そのことを理解して、トレードすることは必要なことです。

例えば午前中にユーロ・ドルやポンド・ドルなどの通貨ペアでトレードしていても、とてもボラリティーが小さくトレードにならないことがよくあります。 午前中にトレードするなら、ドル・円、NZドル・ドル、AUD・ドルやクロス円の通貨ペアがある程度のボラリティーがあるので、トレードに適しています。 ユーロ・ドルやポンド・ドルなどのヨーロッパ通貨のドルストレートで取引するなら、午後3時以降からトレードすれば十分です。 夜9時以降になれば、全通貨ペアのボラリティーが大きくなるのトレードするには最適な時間になります。

もちろんトレード手法は人それぞれなので、ボラリティーが少ない中でリスクを少なくして、数PIPSずつ利益をとっていく方法もあるので、一概にボラリティーが小さいからといってトレードにならないとは言えませんが、ボラリティーが少ないとトレンドの方向性が掴めないので、トレンドフォローでトレードするにしても、逆張りでトレードするにしてもエントリーポイントや利確ポイントの設定が難しくなります。

FX取引についての私見

投資に関して素人の私でも、今をさかのぼること15年ほど前、2000年のオーストラリアドルの安値には毎朝、新聞をその情報から読み始めるほど目を見張っていました。  ご存じない方は目を疑うことと思いますが。2000年の豪ドル価格は55円前後で推移していたのです。私はそのころのオーストラリアに滞在した人の書いた本を読んで 「55円というのはいくら不況が原因とはいえ、オーストラリアの国力から言えば安くても90円くらいが妥当である」  というイメージをもち、これはいま銀行で豪ドルを買うと儲かるのではないかとかなり食指が動きました。しかし結局、余裕資金といえるお金が無くて手を出しませんでした。こういう話の流れでは当然のこととして、その後日本からの投資が急増し、豪ドルは2007年4月には100円台に回復します。

ところが、翌年の2008年にはいわゆるサブプライムローンの焦げ付きからリーマンブラザーズ証券の経営破綻による金融危機が起こり、豪ドルは短期間でまた55円まで下落しました。このようなことがおこるのを誰が予測できたでしょうか。ノーベル経済学賞を受賞した学者を抱えるようなヘッジファンドでさえ巨額の損失を出したことは有名な話です。そして2014年9月現在はふたたび100円ちかくに値をあげています。  こうした激しい乱高下がしばしばおこる為替市場ですから、結局のところ素人がFXを始めるのは博打を打つのとなんら変わりません。有名な漫画家の方がFXで元手の1000万円を失うまでのエピソードを披露しておられるのを見て、普通に働くのがやはりまともではないかいう感想を持った次第です。

なぜなら玄人になるほどまでFXについて勉強し、かつパソコンの前に一日中へばりついて相場の変動を注視し続けなければ利益が出せないのであれば結局、不労所得など世の中に存在しないということですから、  ところでレバレッジの仕組みっていったいどうなっているんでしょうか、個人投資家の方は元手の10万円があれば最大で25倍の250万円ものお金が動かせるなどとうたったFXのサイトなどもあります、簡単に言えばその倍率に応じて利益と損失のハイリスク・ハイリターン度合いを自分で選択できるということのようです。ちなみに前出させていただいた漫画家の方はレバレッジを20倍に設定して取引をし、それにより一時期は大幅に儲かっていたこともあったため「FXは麻薬だ」との感想を漏らしておられました。  もし手元に100万円程度の余裕資金をお持ちの方は、アベノミクスで日経平均は全体的に上昇傾向が続いていることから、FXよりもNISAなどで株式投資した方がリスクは低く抑えられるのではないでしょうか。

FXで勝ちやすくする方法について

資産を増やす良い方法としては外貨預金などがありますが、そういった外貨預金はスワップ金利を狙ったトレードになっています。 また、為替はFX会社などを通して外貨預金をおこなった方が手数料も格安ですので、コスト面で優遇されているのでオススメになります。 そして、FXトレードは資産運用するのには持ってこいの方法になります。リスク管理さえできれば、安定収入も得ることも可能になります。

こういったFXトレードでより簡単に勝つための手段としては、ファンダメンタルズやテクニカル分析を利用した方法が効果的でオススメなものとなっています。 ファンダメンタルズというのは、経済ニュースや経済指標などを目安としてトレードをすることをいい、テクニカル分析はチャートなどを利用して分析したものとなっています。 慣れるまでは片方を利用していると良いですし、最終的には両方を組み合わせてトレードするのが勝ちやすいものとなっています。 FXトレードは慣れや経験などもあるので、できるだけ中長期的に続けて慣れていくようにする必要もあります。

そして、より勝ちやすく勝率などを上げるために、条件の良いFX業者でトレードをする必要もあります。 為替差益を狙ったトレードをメインでおこなうのであれば、スプレッドが極めて狭い業者を探すのが良いですし、約定力の高い会社もオススメとなっています。 中長期的な目線で外貨預金などをおこなっていくのであれば、スワップポイントの高い会社がオススメになっています。

サービス比較表

サービス名 取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア 資本金 自己資本比率
OANDA Japan 無料 指定なし 25倍 1000通貨 71種類 4億9907万2270円 498.0%
2016年3月末
FXTF 無料 指定なし 25倍 1000通貨 31種類 3億5000万円 345.6%
2016年3月末
フォレックスドットコム 無料 5万円 25倍 1000通貨 50種類 6億8500万円 687.4%
2016年3月末
みんなのシストレ 無料 指定なし 25倍 1000通貨 18種類 21億9500万円 223.2%
2016年3月末

私のFX体験について

3年前の失業時にFXを始めました。銀行利息はほとんどゼロなので、少しでも貯金を殖やしたくて貯金の一部の50万円をFX資金にあてました。FX関係の本を5冊購入、書店で20冊以上立ち読みし、ローソク足と200日移動平均線、R・・・

FXは難しかった

リーマンショック以前、このFXという言葉がたくさん出回っり始めた時期。ネットを始め、雑誌などでも多くの広告があり、気になっていろいろと調べてみたりしていました。まわりで、退職金のほとんどを外貨預金につぎこんで大損をした方・・・

FXを利用した外貨預金がお得でオススメ

為替売買は経験を積み、上手くなれば安定した収入につながる可能性もありますし、経済の知識などもつけることができて良いです。 また、FXは複雑な操作もなく、簡単にトレードをおこなうことができる優れた金融商品です。資産運用にも・・・

このページの先頭へ